2017年10月15日

アジャイルは意外といいじゃないかと思い始める


アジャイルってのは定義がなくて核が無い気がする。そうだよ、って言われてもすぐ忘れるぼくに無理だよ。

テスト駆動開発 | Kent Beck, 和田 卓人

なんて本が出たよってSNSで聞いた。


テスト駆動が義務ならテストが省略されることがないだろう。

この前に書いた記事でもテストが問題になった。テストができないのは問題で、仕様書が不明確だったり無かったりするのが原因だ。

デスマなときに最初に省略される工程がテストだったり設計だったりする。

デンソーも取り組んでいる。


デンソーの新しいチャレンジ、アジャイル開発で働き方改革を実践 | Think IT(シンクイット)

人事評価とか難しそうだなと思う。

だけど、おいらのプロジェクトは、細かいタスクの管理や問題点の解決ができていないので、細かくやるっての

うちのプロジェクトよりマシだ。

定時に帰れているみたいなのが裏山。

アジャイルってのはボトムアップな感じ、民主つまり開発者志向な感じがする。

トップダウンでマネージャーが管理できていないのがおいらのプロジェクトだと思うが、定時に帰れているアジャイルがまぶしく

感じる。

任天堂は超大規模ゲームをどう作った? 「ゼルダの伝説」最新作に学ぶプロジェクト運営のコツ | HRナビ by リクルート

これは開発環境を結構作り込んでいるという記事。

プロジェクトが良い状態じゃないとできないよ。うちではできないよ。裏山裏山って感じ。

まじでなんとかしたい、おいらの健康、社会、家庭の状態。

今後も研究します。


続きを読む
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする