2015年02月20日

2015年2/20あたりのソフトウェア開発の記事#リンク集に追加します

ブックマークに興味あるページをためて、あとで読もうとするが、読まない。
積ん読中の本が数冊あるから。

たまには読むこともある。優先順位が難しい。というか、優先順位付けしなかったり、優先順位がフラフラして、変化するので、何も身につかない。最近はyesodなど使ってWEBサービスを書いているので、yesodは見につこうとしている。型なんかがまだよくわからないけど。WEBサービスを人が使ってくれて、儲かればいいのだけど。実装はできる(ある程度)けど、人に人気無いし、PRの方法も知らない。プログラミングの趣味も大変です。

以下が最近気になった記事。Haskell系、関数型言語系が多いですね。あと、最近といってもだいぶ前のものが多いです。そんなに読むべきページは現れるものではない。

残業プログラマのためのスキルアップリンク集
に追加予定です。


『関数プログラミング 珠玉のアルゴリズムデザイン』が発売されます! - オーム社開発部
http://www.ohmsha.co.jp/kaihatsu/archive/2014/11/05144900.html
関数型プログラミングの本って、読みたいけど、あまり読めない。言語入門の本ほど必須でなく、美しいものの鑑賞みたいなイメージだからかな。実は、世界観が変わるのかもしれないから、読まなきゃな。最近技術勉強していない。

HRR: Quick start
http://khibino.github.io/haskell-relational-record/quickstart.html
DB操作系?SQL系のHaskellライブラリらしい。

Extending Query, Relational, Typeful, Composable - khibinoの日記
http://khibino.hatenadiary.jp/entry/20131219/1387423818
HRRの説明?

takenobu-hs.github.io/downloads/haskell_ghc_illustrated.pdf
http://takenobu-hs.github.io/downloads/haskell_ghc_illustrated.pdf
GHCのアーキテクチャとか解説。

「関数型言語」に関するFAQ形式の一般的説明(on demandに加筆修正します) - Qiita
http://qiita.com/esumii/items/ec589d138e72e22ea97e
東北大学の住井先生による関数型言語の解説。

関数型言語 - 関数型プログラミング言語の定義&実装の仕方の例 - Qiita
http://qiita.com/esumii/items/0eeb30f35c2a9da4ab8a
同じく住井先生。

Concrete Semantics
http://www21.in.tum.de/~nipkow/Concrete-Semantics/
これはイザベラとかHOLとかだったと思う。

CS240h: Functional Systems in Haskell
http://www.scs.stanford.edu/14sp-cs240h/
スタンフォード大のHaskellの授業。Phantomとか。

DanoMoi と Haskell
http://www.kmonos.net/wlog/65.html
Haskellと副作用の話。

Haskell アクション 超入門 - Qiita
http://qiita.com/7shi/items/85afd7bbd5d6c4115ad6
Haskellと副作用の話。こんなに解説が乱立するとは。説明がたくさんあるってどういうことだろう。難しいってこと?


副作用の話 - モナドとわたしとコモナド
http://fumieval.hatenablog.com/entry/2014/12/31/151953
Haskellと副作用の話。

HaskellのモナドIO - HaHaHa!(old) - haskell
http://haskell.g.hatena.ne.jp/nobsun/20060907/monadicIO
Haskellと副作用の話。ちょっと古い。

Haskellには副作用がないのか? - あどけない話
http://d.hatena.ne.jp/kazu-yamamoto/20090627/1246135829
Haskellと副作用の話。

Haskell の Monad とは言語内DSLのフレームワークである - あどけない話
http://d.hatena.ne.jp/kazu-yamamoto/20150128/1422413182
Haskellと副作用の話。じゃなかったか。。。

型付きWebフレームワークで遊んでみた // Speaker Deck
https://speakerdeck.com/kokuyouwind/xing-fu-kiwebhuremuwakudeyou-ndemita
OCamlのWeb FWの話。

OCaml toplevel
http://ocsigen.github.io/js_of_ocaml/
Web上のOCaml処理系

ニコニコ生放送の配信基盤改善
http://www.slideshare.net/takahiro_yachi/ss-44828680
Erlangの話。

以上
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

『ジョナサン・アイブ』という本を読みたい

ジョナサン・アイブって、かっこいいよな。

デザインがかっこいい。暖かいけど、ハイクオリティで、品質としては硬質なイメージがある。

今もmac bookでこの記事を書いている。

かっこいい、から、ヒットして売れた。それは正しい。しかし、そんな軽いものじゃない。

かっこよくないと、この世に存在しない。こういうことだと思う。
あるいは、来世には存在しない。

レベルが高いものは、あの世のものなのだ。あの世に持っていけるものをこの世で作るべきなのだ。


posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする