2015年05月19日

iPhoneアプリをリリースするなら、サポートするハード全機種もっていなきゃダメって話。

なぜか?

まずiOSシミュレータ(macでiPhoneとかの動きをシミュレートできて、アプリのテストができる)は、もちろんモノホンのiPhoneとかiPadとかと違う、ことを理解する必要がある。

前にiOS8でのみ起きるバグが発生し、シミュレータでは再現しないので、iOS8が動作するiPhoneを買ったのだった。。。デバッグ貧乏、というやつやな。って、デバッグ貧乏なんて言葉初めてきいた!!wwwww

で、本題、iPhoneアプリをリリースするなら、サポート全機種持っていなきゃいけないわけは、というと以下。

iOSシミュレータにカメラ機能はないです。
だから?

さらに、リリースするには、スクリーンショットが必要です。よって、カメラ機能のスクリーンショットがとれない、ということになります。iOSシミュレータではとれない。

だから、ハードもっていないと、その機種向けにはiPhoneアプリはリリースできない。


もちろん全機種、ハードでテストしなきゃリリースするなよ、というのは正論ですが、趣味程度の個人には辛い。むしろ、実機テストしていない個人もいるってことを認識して。ごめんよ。当たり前の話でも個人には出費が痛いぜ。

解決策としては以下ぐらいか。
1.スクリーンショットは、フォトショとかで加工して作る。
2.カメラの部分はスクリーンショットは省略する。

どちらの解決策もアップルの審査通るかは不明です。
とりあえず、今解決策2で審査申し込み中。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

internet arcadeをmacとジョイパッドで楽しむ方法

スト2こと、ストリートファイター2等のアーケードゲームがフェア・ユースの根拠のもと、公開されているインターネットアーケードですが、macでガンガンやってるとmac壊れるよ、とか、ジョイパッドじゃないと昇竜拳でない、とかあります。

mac対応のジョイパッドってなかなか無くて、困ったので、報告しておきます。

以下用意するもの。



安いけど、こいつでいけます。

あとは、キーボードと、ジョイパッドのボタンを対応付け。

以下のソフトで、できます。
https://github.com/fyhuang/enjoy2

html5はジョイパッド対応していうらしく、テストサイトで動いたけど、
インターネットアーケードは対応していないらしい。

だから、enjoy2を使いましょう。

以上。

あと、フェアユースの話は、知らなかった。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9

インターネットアーケードの本体の、インターネット・アーカイブも、フェアユースを根拠にしているのかな。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする