2015年11月09日

『憂鬱でなければ仕事じゃない』を再読。この本を読み続けるのは、憂鬱じゃなく、快楽だ。

憂鬱でなければ仕事じゃない



憂鬱でなければ、仕事じゃない


再読。内容は忘れている。タイトルがいいよね。


この世あらざるものをつくれ。という。


今回はこれが一番印象。


前に読んだ感想はなんだ、くずが!


20130713あたりのソフトウェア開発、プログラミング関係の記事: プログラミングは眠るのも忘れて


感想が、


なるほど


だけ。。。


あほだ。


再読の快感


昔のアホさを懐かしむのも快感だが、再読というものをぼくはいいと思った。快感だ。


内容はほぼ覚えていないが、昔それほど気に入らなかったところが印象に残る。これは新しい本を読んでいるのと同じだ。


しかも、内容がおもしろいのは、保証付き。しかも自分の保証だから、信用できるよね。


ぼくはもう何百冊は読んだかもしれない。100冊は超えているな。漫画も含むぜ。


今後の人生は再読だけでもいけるかも。


この世あらざるもの


エンタメの根本には、この世あらざるもの、だそうだ。


歌舞伎などの劇、コロッセオ、テレビのホモセクシャル、大食い、超能力。


なるほど、そうだ。


ぼくは、小説だって、詩だって、絵画だって、この世あらざるものだ、と拡大解釈しよう。


プログラムだって、pptだって、報告書だって、この世を超えられるだろうか。


このブログは、まだ現実を超えていない。


再読を続ける


ビジネス書は、メモして何か実践しないなら、それは雰囲気を味わうものだ。


ぼくは、どうも実践的な人間ではないようだ。浮世離れの人間だ。だったら、ビジネス書は活用するものではなく、忘れていっても雰囲気を味わう使い方だ。それでは甘いと言う人もいるだろう。


今のところ、そうとしか生きられない。


何度か読み返そう。飽きたら、手放そう。そして、また読みたくなったら。。


posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

(大企業での働き方)責任を持たない人への対処法

近況

最近やる気がなくなって、プログラミングできていないぼくです。

責任を持たないとは

大企業では、あまり責任を持っていない人がいます。責任とは、自分が作業を主体的にすすめることだと思います。
だから、主体的にすすめる気がない人とは、責任を持たない人です。

なぜ、そんな人がいるのか?

大企業では、プロジェクト横断の人とか、共通的検討をする人とか、製品やサービスプロジェクトに所属せず、みんなのために働いている人がいます。共通なものは、一箇所でやって、各プロジェクトに成果を反映したほうが、検討が一度で済み、効率的だという考え方です。

ただ、そこからが問題で、そういうところには、使えない人、やる気が無い人が集まります。なぜかというと、製品プロジェクトにそういう人たちを投入すると、壊れてしまったり、かえって効率が下がる人たちだからです。でも、解雇できないから、成果がでなくても、すぐ問題にならない共通検討とかさせるわけです。はい、成果は期待していません、みたいな。

責任を持たない人の特徴

  1. あんまりやらない
    まず、あんまり仕事をしません。それはそうか、別にやらなくても問題ないからね。
    この前、事前に資料読んで打ち合わせ来てください、って言ったら、会議始まったら、読んでません、とかwwww
    そういうことを平気でやりますwwww

  2. 大事なところで離脱
    製品に最初は関わって、忙しくなると、離脱します。だって、別に無理してやらなくていいから。線引きをして、手を引きます。それはそれでいいのかもしれないですが。

責任を持たない人への対処法

怒りは禁物

まあ、大企業ですから、まったりやりましょう。怒りはあんまり役立たない。最近よくカットなってしまいますが、気をつけよう。怒りは美しいものではありません。自分のエネルギーに変えたほうがいい。発散してはいけません。それと、大企業は完璧な効率を目指すところではないです。いろんなひとがいて、できない人もいる。それでも解雇しない。そういう共同体であることを前提としたほうがいいですね。ぼくも大人になりました。はい、期待していません。

ほどほどに扱う

信用はせず、使えたらラッキーぐらいで扱いましょう。大企業では、綿にくるんだ手つきで仕事をするのです。まったりしましょう。嫌だったら、転職しましょう。

本当に大事な人と仕事をしよう

信用デキる人、最後まで残る人、そういった人を見つけよう。なかなかいないかもしれないが。
少なくとも、信用デキる人を見つけよう。ぼくはここで、完璧主義者の悪い癖で、期待しすぎるが、周りの人がどれほどのモチベーションがあるか、ぐらいは把握したほうがいいですね。無限の期待は、無理な計画を誘発するので、禁物だし、失望につながります。期待しすぎない。

まとめ

大企業は、やる気のない人も許容する。あるいは、引き寄せる。あるいは、大企業という仕組みがやる気のない人を製造しているのかもしれない。
仕方ないので、ぼちぼち把握して、うまくやりましょう。

どうしてこんな記事を書いたかというと、すごく作業のやる気のない人と出会ってしまって、ガッカリしたので、その人にぶつけたり、あるいは、無視したり、という極端な行動に出る前に、書くことで発散、じゃなくて、分析しようと思ったのです。なんだか落ち着いた気持ちになってよかったと思います。はい、期待していません。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

【おすすめ】歯間ブラシの僕的ベスト1を発表します。歯間ブラシを3種類を使って比較します。

歯の間を磨くのは大変重要です

歯の汚れは、歯の間について、そこを磨かないと、90%の細菌が残留するらしいです。

虫歯の90%は歯と歯の間から。そして歯周病も歯と歯肉の間のプラークが原因で起こります。お口の中の健康のためには歯ブラシで届かない部分のケアがとても大切になってきます。

歯科衛生士が教える!歯間ブラシの正しい使い方

歯間ブラシ3種類使ってみた

ガムの歯間ブラシ

まずは、これ。それほど悪いわけではなく、2−3回の使用で、ブラシ部分がだいたい折れたり外れたりして、使えなくなります。

小林製薬のやわらか歯間ブラシ

これ。シェアNo.1という文句で、買ってみました。
これは基本1回使いきりと説明があります。衛生面の理由だそうです。その通り、1回の使用中で、ゴム製のブラシ部分が壊れてきますが、それが使用中に壊れるので、口に入らないか気になります。1回の使用中に壊れてくるのは、1回使えると言えるのか?と、ぼくは思いました。

デンタルプロ 激細歯間ブラシ 15本

最後に使っているのは、これ。これは壊れにくいのが特徴。
4−5回使っても壊れない。あまりに壊れないが、ブラシはヘタってきているので、交換時期は自分で考える必要があります。

まとめ

いまのところ、デンタルプロ 激細歯間ブラシ 15本が一番優秀だと思います。

2位はGUMかなあ。

アマゾン見ていて思ったのですが、糸ようじって、選択肢もあるかもww

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする