2016年03月27日

最強のブログサービスはどこ?はてな、ライブドア、fc2。グーグルさんにきいてみた。

ここはSeesaa。弱小かな?
はてながSEO強いって聞くけど、本当?
もともとエクスポートできるから選んだSeesaaだが、他もそのぐらいできるだろう。

検索量をGoogleトレンドにきいてみた。


はてな上昇中。Seesaa弱小。

会社名では?


fc2多い。しかし、fc2動画とかの影響かな、参考にならないか。。

てことで、はてなに引っ越そうかな。

そもそもサービスに文句言う前に、うちのコンテンツが弱小。。。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

必読!常識を覆す『トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業 』酒井崇男

現代ビジネスのサイトに、インタビューがあるんだけど、これも濃いね。
前篇
日本人が意外と知らない!?  「トヨタ」が最強であり続ける本当の理由  | 現代新書カフェ | 現代ビジネス [講談社]

後編の引用

デンソーは4兆円以上の売上、アイシンは2兆円以上、いずれも世界的な企業です。どちらも別段他社より、飛び抜けて優秀な人材ばかりが最初から入社しているか、と言われると、平均すればNECや三菱重工と大差ありません。でもこの結果の違いはどこから生まれるか? アタマを使って考えてみてください。

最近トヨタは日立やNTTのような古い会社の悪影響を受けているという話も聞こえていますが、原則として、トヨタ系はNTTや日立系列のような搾取型構造にならないようにしています。形態(カタチ)は同じでも、人間系を含めて中で行われていることは別物と言えるでしょうね。このあたりの解説は今回の本では全部書いてはいませんが、また機会があれば具体的に解説することもできるでしょう。系列システムの質の違いは、トヨタに対して、日立もNTTの系列企業がちっとも規模的に成長できていないことからもわかるでしょう。

海外企業のほうが必死に学んでいる「トヨタ」の強さの秘密 日本人が知らない日本最大のグローバル企業 | 現代新書カフェ | 現代ビジネス [講談社]

へーそうなんだな、搾取型でないんだトヨタ、興味ある。
たしかに、圧倒的に勝っているトヨタって、すごいよな、しかも、自動車っていう、メジャー業界だ。その秘密が知りたくないわけないじゃないか。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TODO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスマーチ必至だから、Phaさんの『しないことリスト』を読んで、心を落ち着かせたい

放出します。
『しないことリスト』を読みたくて、その記事のタブを開いて、閉じられないので、ここに。

だって、入っているプロジェクトはデスマーチ必至の情勢です。
儲かっているうちは、イケイケドンドンなんだな。それは、幹部や部長レベルの判断であり、その根本にあるのは、自己保身でしかないと思う。クラッシュするまで、自分の利益を得ようとするんだ。組織だってね。

「たくさん寝たくて、僕は会社を辞めました」 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

インタビュー記事。

【書評】Phaさんの新著「しないことリスト」を読みました - あいむあらいぶ

自分との共通点を列挙。
絶望しない、議論しない、人の意見を気にしない等、最重要項目と思われるwww

しないことを決める。phaさんの『しないことリスト』を読んで脱力系行動ミニマリストになろう。 : 半径5mの日常から

最後までガマンしない、自分の実力しない、は重要だな。

鎌田の『がんばらない』の、変化形がPhaなんじゃないかな、と思った。

ぜひ、読んで精神安定にしたい。
デスマーチでも我慢しないは、実現するのか、ぼくはwwwww

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | TODO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

社内SNSが自分に有益であるための条件

社内SNSは芸能人のゴシップ記事と同じ

社内SNSをよく見てしまうんですが、有益でないなー、という感じがする。
書いてあるのは、業務日記や、業務日記風の愚痴だったり。

それを読むのは、芸能人のゴシップを見る気持ちと似ている。

ほとんど読む必要がない。

でも、読んでしまう。芸能人のゴシップと同じ気持かもしれない。ゴシップはなぜ読んでしまうのだろう?

社内SNSを読む心理

おそらく、自分の位置を確認したいからだろう。周りの仕事内容を見る。自分は遅れている、あるいは、進んでいるか、確認する。

優越感を無意識に持っているかもしれない。

あるいは、他人の考えていることを知りたい、という好奇心。

社内SNSが自分に有益であるための条件

自分に人生の目標があったとして、達成を助けるなら有益だ。
これが社内SNSが自分に有益である条件だろう。

もし、そう言えないなら、無益な記事を読んでいるか、人生の目標がない、あるいは、人生の目標を忘れている。
そう言えるかもしれない。

なんだか社内SNSを読むのも疲れたので、ブックマークを削除して、この記事を書いてみました。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

多品種組込みソフトウェア開発のアンチパターン「エキスパートが足りない」

現象

多かれ少なかれソフトウェア部位のエキスパートがいるものです。その部位のことなら、その人に聞け、という人です。

組込み装置の開発の黎明期はA機種、B機種という風に順に開発していきます。そのなかで、エキスパートが生まれる。エキスパートは順に機種を渡り歩いて、開発していきます。この頃は、新製品を出せば儲かる(売上、利益が増える)、ということから、意気揚々です。

問題は、複数機種を並行で開発するときです。あまり大きくない会社なら、エキスパートは各部位にそれぞれ1人しかいないでしょう。だから、複数機種並行で開発すると、エキスパート不在の機種、部位が発生します。

ノウハウがエキスパートに閉じていて、他の誰も知らないと、エキスパート不在の機種、部位は、開発が進みません。お金がたくさんあっても、仕様策定や設計ができなければ、ソフト外注を使うことができません。仮に旧機種の設計書と、開発機種の仕様書でソフト外注できたとしても、ソフトをレビュー、チェックできるエキスパートが不在なら、出来上がるソフトウェアの品質は低いでしょう。

対策

おそらく、人材配置、人材育成。
あるいは、複数製品の計画あたりが課題になるでしょう。
どれも長期的な対策です。

長期的な展望が持てないのは、人事異動のサイクルが速いことも一因と思われます。職能ではなく、ジェネラリストを重視するため、多くの職場を経験させようとする人事異動でしょうか。
さらに、ソフトウェア部品は、誰でも理解できるべきであり、引き継ぎができるべきである、という非属人性神話があることが一因かもしれません。

あるいは、人間の欲か。なぜ無理な開発を進めてしまうのか。あるいは、なぜ無理だとわからないのか。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

alphaGoがイ・セドルさんに3連勝とのことです

今までの囲碁はなんだったのか?

プロの人でも、alphaGoの手の意味を理解できないことがあるらしい。
全然違う考え方をしているらしい。
それで負けるのだから、人間の考え方が方式的に間違っていた、かつ、今までの解説書はゴミだ。
というのは、間違いで、人間は今までの考え方でするしかなかった。
定石とか、論理。使うしかなかった。

人間は囲碁をする必要がない

コンピュータが強いから、人間は囲碁をするな。
とはならなくて、趣味ですればいい。
でも、コンピュータのほうが強い、ということは忘れない。
趣味になるのかな。

プログラマは楽しい

実際に、アイディアを実現し、コンピュータを使ったalphaGoが勝利した。
囲碁のうまいやり方なら、コンピュータとDeep learingの組み合わせが現状で、最強。
ということなのだ。

より上手いやり方を考え、実現することができる。
プログラマは楽しいよね。

そのほか

以上の話は将棋とかでも同等だと思うけど、囲碁のほうがチャレンジングなんだろうか?
戦略を考えるときには、コンピュータのほうがいいのだろうか?

早くソフト開発も人工知能にやってほしいな。
どこをやるってのは研究課題だと思う。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

Microsoftは弱体化しているのか?

仕事がらMicrosoft関係を調査したりする。

Microsoftの散漫な印象

最近のMicrosoftは散漫な感じがする。

マイクロソフトはすでに、EclipseからMicrosoft Azureに対してJavaアプリケーションの開発、テスト、デプロイなどを実行する機能を備えた「Azure Toolkit for Eclipse」や「Java SDK for Azure」などのEclipse用ソフトウェアを提供しています。

今回、これに加えてEclipseのプラグインとしてTeam Foundation Serverへアクセスできる「Team Explorer Everywhere」のオープンソース化が発表されました。

[速報]マイクロソフト、Eclipse Foundationに参加発表。Eclipseに対応したツールやサービス強化へ − Publickey

今日の発表は、Microsoftの総合的ハイブリッド戦略とも一致している。既にMicrosoftは自社クラウドでLinuxを動かしており、最近Red Hatとの本格的提携を発表した。SQL Serverの存在価値を維持するためには、より多くのプラットフォームで提供する必要がある ― かつてライバルとされていたものを含めて。Linuxでは、MySQL、MariaDB、PostgreSQL等の製品が、同じような市場での位置を狙ってしのぎを削っている。

Microsoft、SQL ServerのLinux版を提供 | TechCrunch Japan

いろいろやってる。

でも、Linuxで、SQL Serverをわざわざ採用するのかな?

と思う。

しかし、有効なソリューションという感じがしない。

SQL Serverの存在価値を維持するためには、より多くのプラットフォームで提供する必要がある

多くのプラットフォームに提供したら、存在価値が維持できるのか?
多くのプットフォームで採用されたら、存在価値が維持できるかもしれないけど。

なんだか、ときめかない。もうMSの旬は過ぎたのか?
選択と集中ができていない気がするのだろうか?

ニュースを見たりすると、やることが多くて、こちらは疲れる。
そして、自分にとってキラーアプリを感じない。

MSがいろいろトライするのは当然だけど

OSのシェアでは、iOS、アンドロイドに、スマホの世界では負けた。
いずれ、デスクトップへもその影響は波及するかもしれない。たぶん、誰かがデスクトップOSに破壊的なイノベーションを起こすかもしれない。
だから、デスクトップOSもこれから安泰じゃない。

何かいい方法が必要だ!

だから、いろいろやる。

Continuumとか面白い。マルチウインドウができるようになれば、魅力的だ。しかし、できない。あと一歩だよ、MS。

Windows 10 MobileのContinuum for Phoneとは? - スマホがPCになる!

選択と集中がMSに必要だ

いろいろやるのはいいけど、方向性がいまいち見えない。
そういう散漫な状態の会社にはなんだか魅力を感じない。

いったいMSはどこへ行こうとしているのか?

もっとシンプルさが必要かもしれない。
WindowsやVisual Studioの更新情報を見ても、マニアックに高度化しすぎていて、わからない。
大きい会社を維持するのは大変なことだ。複雑になりすぎただろうか?

Windowsには今まで、大変お世話になったなあ。
いまはMacとLinuxマシンしか持っていないけど。

Windowsでゲームがしたいんだが、いまいちゲーム専用にWindows買うのも躊躇する。

まさかMinecraftがキラーアプリになる、とかあるんだろうかwww

【Windows 10 検証】「Minecraft」 誰もが楽しめるものづくりゲーム!

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする