2017年12月03日

システムエンジニアの過労死って未だにありますよね

プロフェッショナルって番組みた。

川人博(2017年11月20日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

川人法律事務所オフィシャルホームページ

SEの人も亡くなっている。

ソフトウェア開発って、完璧を求められる特性があるよなあって思った。

だから帰れなくなることが多いし、心労も多い。

川人さんはほんとにプロフェッショナルだって思ったのは、
過労死した人の辛さが感じられるほどの調査をする
って言ってたこと。

裁判も感情的な要素があるのかな。

この人の調査は丁寧らしい。徹底的と言ったほうが良いかな。

それに比べて私のソフトウェア開発は徹底的ではない。

巨大なソフトウェアの改造において、徹底的とはどういうことだろうか。

そこまでやれと言われて、時間がなかったら?

そこで自分の自尊心は無くなり、卑屈になり、気が塞ぐ。

そんな特性があるのがソフトウェア開発だと思う。

快適なソフトウェア開発の仕事には、ボクの周りでは、遠い気がする。

そして、死んだり命を削ってはいけないと思う。

− NORMAL −
− NORMAL −

続きを読む
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする