2015年04月28日

プログラマは家事をしたほうがいいかもしれないよ

プログラムは言われている。
効率化、効率化、効率化。

家でのプログラムだって、そうだ。土日は短い。
勉強しろ、勉強しろ、勉強しろ。
効率的に、効率的に。
効率化のために、効率化のために。

バグのないプログラムを作るには、頭でよく考えることが必要ならば、
仕事は先を読むこと、他人の気持ちを考えることならば、
ずっと考えなければならない。

こんなブログに価値はあるのか?ブログを価値ありものにするには?

次々、質問が湧いてくる。次々、思考が生まれる。

土曜日、彼女が仕事にいって、家事をする。掃除をする。洗濯物をたたむ。
静寂がよい。

Macで自動読み上げで、記事を聞く。そんなことはしないでよいよ。

思考を止める。静寂。
ただ作業をする。やることは何もないのがよい。

静寂は喜びだ。無は喜びだ。何もないなんて休息だ。
死ぬには早いかもしれない。でも、何もやることが無くなるなんて、休暇のようなものだ。

やるなら無駄なことだ。効率化はつかれた。
効率化なくしては、存在はなく、休みもないのかもしれないのだが。。
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418056420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック