2015年08月21日

Yesod開発でのemacs環境

Yesod使っていると、html、css、javascriptぽいものを書きます。
それらはシェイクスピアファイルと呼ばれています。emacsはデフォルトでサポートしていないです。

ハイライトとか、インデントしたくなる。
で下記のようなものを見つけたのでインストールした。

CodyReichert/shakespeare-mode
An emacs major mode for editing hamlet, lucius, and julius files

手順は、まずこちらのパッケージ管理の手順で、
Emacs24 のインストールと新機能 : 紹介マニア
MELPAから、パッケージをインストールするようにしてください。

そのあと、shakespeare-modeのページのインストール手順にしたがいます。

ハイライトはできるようになった。
まだ、インデント整えるとかはできないです。

ふつうのhaskellもインデントグチャグチャになってしまう。
理解不足なのです。謙虚に修行しよう。
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック