2016年03月10日

Microsoftは弱体化しているのか?

仕事がらMicrosoft関係を調査したりする。

Microsoftの散漫な印象

最近のMicrosoftは散漫な感じがする。

マイクロソフトはすでに、EclipseからMicrosoft Azureに対してJavaアプリケーションの開発、テスト、デプロイなどを実行する機能を備えた「Azure Toolkit for Eclipse」や「Java SDK for Azure」などのEclipse用ソフトウェアを提供しています。

今回、これに加えてEclipseのプラグインとしてTeam Foundation Serverへアクセスできる「Team Explorer Everywhere」のオープンソース化が発表されました。

[速報]マイクロソフト、Eclipse Foundationに参加発表。Eclipseに対応したツールやサービス強化へ − Publickey

今日の発表は、Microsoftの総合的ハイブリッド戦略とも一致している。既にMicrosoftは自社クラウドでLinuxを動かしており、最近Red Hatとの本格的提携を発表した。SQL Serverの存在価値を維持するためには、より多くのプラットフォームで提供する必要がある ― かつてライバルとされていたものを含めて。Linuxでは、MySQL、MariaDB、PostgreSQL等の製品が、同じような市場での位置を狙ってしのぎを削っている。

Microsoft、SQL ServerのLinux版を提供 | TechCrunch Japan

いろいろやってる。

でも、Linuxで、SQL Serverをわざわざ採用するのかな?

と思う。

しかし、有効なソリューションという感じがしない。

SQL Serverの存在価値を維持するためには、より多くのプラットフォームで提供する必要がある

多くのプラットフォームに提供したら、存在価値が維持できるのか?
多くのプットフォームで採用されたら、存在価値が維持できるかもしれないけど。

なんだか、ときめかない。もうMSの旬は過ぎたのか?
選択と集中ができていない気がするのだろうか?

ニュースを見たりすると、やることが多くて、こちらは疲れる。
そして、自分にとってキラーアプリを感じない。

MSがいろいろトライするのは当然だけど

OSのシェアでは、iOS、アンドロイドに、スマホの世界では負けた。
いずれ、デスクトップへもその影響は波及するかもしれない。たぶん、誰かがデスクトップOSに破壊的なイノベーションを起こすかもしれない。
だから、デスクトップOSもこれから安泰じゃない。

何かいい方法が必要だ!

だから、いろいろやる。

Continuumとか面白い。マルチウインドウができるようになれば、魅力的だ。しかし、できない。あと一歩だよ、MS。

Windows 10 MobileのContinuum for Phoneとは? - スマホがPCになる!

選択と集中がMSに必要だ

いろいろやるのはいいけど、方向性がいまいち見えない。
そういう散漫な状態の会社にはなんだか魅力を感じない。

いったいMSはどこへ行こうとしているのか?

もっとシンプルさが必要かもしれない。
WindowsやVisual Studioの更新情報を見ても、マニアックに高度化しすぎていて、わからない。
大きい会社を維持するのは大変なことだ。複雑になりすぎただろうか?

Windowsには今まで、大変お世話になったなあ。
いまはMacとLinuxマシンしか持っていないけど。

Windowsでゲームがしたいんだが、いまいちゲーム専用にWindows買うのも躊躇する。

まさかMinecraftがキラーアプリになる、とかあるんだろうかwww

【Windows 10 検証】「Minecraft」 誰もが楽しめるものづくりゲーム!

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434793440
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック