2016年03月12日

alphaGoがイ・セドルさんに3連勝とのことです

今までの囲碁はなんだったのか?

プロの人でも、alphaGoの手の意味を理解できないことがあるらしい。
全然違う考え方をしているらしい。
それで負けるのだから、人間の考え方が方式的に間違っていた、かつ、今までの解説書はゴミだ。
というのは、間違いで、人間は今までの考え方でするしかなかった。
定石とか、論理。使うしかなかった。

人間は囲碁をする必要がない

コンピュータが強いから、人間は囲碁をするな。
とはならなくて、趣味ですればいい。
でも、コンピュータのほうが強い、ということは忘れない。
趣味になるのかな。

プログラマは楽しい

実際に、アイディアを実現し、コンピュータを使ったalphaGoが勝利した。
囲碁のうまいやり方なら、コンピュータとDeep learingの組み合わせが現状で、最強。
ということなのだ。

より上手いやり方を考え、実現することができる。
プログラマは楽しいよね。

そのほか

以上の話は将棋とかでも同等だと思うけど、囲碁のほうがチャレンジングなんだろうか?
戦略を考えるときには、コンピュータのほうがいいのだろうか?

早くソフト開発も人工知能にやってほしいな。
どこをやるってのは研究課題だと思う。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニューラルネットにとっては将棋のほうが難しいですね。
囲碁は縦横どこに打つかの2つの数値を出力できればいいですが、
将棋はどのコマをどう動かすか、もしくは持ち駒から打つかということで必要な情報が多いので圧倒的に学習しづらいです。
Posted by 通りすがり at 2016年03月13日 04:44
そうなのですか。なるほど。グーグルのチームは、囲碁が最高峰のゲームだと言っていたと思いますが、ゲーム仕様的にはそうかもしれないが、ニューラルネットワークとの相性を考えると、難易度的には将棋のほうがニューラルネットワークにとって困難ということですね。勉強になります。
Posted by 管理人 at 2016年03月24日 03:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434857559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック