2017年03月18日

googleはサイト単体でそのサイトを評価していない、もっというと、できない

一個前にも書いたけど、ネットで学ぶソフトウェア工学リンク集とか、サイトを作っていて、ソフトウェア工学のキーワードで、上位表示されていたんだが、鯖が使えなくなりURL変更したら、まったく上位表示されない。

フォワード設定とかは鯖が一切使用不可のため、できなかった。

以前のURLがはてブとかでリンクされていて、そのURLが評価されており、全く同じ内容なのに、現状のサイトのURLは評価低いということ。
だから、グーグルはサイト内容において、そのサイト内容を評価していない。というか、たぶん、やろうと思ってもうまくできないんだと思う。

内容を内容で評価することは、難しいのはわかるよ。

だけどさ、それができないとブラックSEOと言う名前のスパムリンクだったりWELQ問題のようなことが起きる。

現状それは克服べき課題だと思う。それを解決する技術ができたら、グーグルを超えることができる、おそらく。

グーグルの技術はすごい。検索結果が早い。とうてい実現できない、ぼくには。
しかし、新しい技術に置き換えられる可能性が大いにある、というのも事実だろう。

グーグルに依存しているぼくは現状を残念に思う。

まあ、独自ドメインとれよ、とか言われるかもしれないけど、デスマーチ中のぼくはそんな気力がない。アクセス数が減ってあまりに悲しいので愚痴を書いてみました。ごめんなさい。
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

個人鯖でアカウントBANされてGoogle検索ランク圏外いった話

おいらのリンク集はソフトウェア工学キーワードで4−5位ぐらいの検索順位だったわけです。
広告なしの個人鯖だったんですよ。広告なしで気持ちよかった。北島並に超気持ちよかった。

しかし突然理由なくアカウント停止。
サイトは変な表示。

で、今のサイトに移転した。

そしたら検索順位、ランク外。

酸素のある地球から宇宙の果てに吹っ飛んだ。

まあいいんですけど。

はてブも30−40あたりあって、お褒めの言葉ももらったことあったとです。

でも天国から地獄。生から死です。

ラブストーリーは突然に。じゃないよ。悲劇は突然に。

てことで、個人鯖を信用しすぎた。数年大丈夫だったからね。
301で転送できないからgoogleさんにも認識してもらえない。

前におかしくなったときに301で移転しておけばよかった。109じゃないよ。
わいは放置グセがあるからなあ。反省。これはソフトウェア開発でも命取り。ニトリ。

なので新しい方のサイトにブクマお願いします。

互助会の方もお願いします。

結構使えるコンテンツだと思いますんでぜひよろしく。

いやー個人の趣味とはいえ、痛かったな。。。圏外ってのは。。またコツコツやっていきます。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

safari all tabのマークダウンが得られるtablinksが復活したぽい

ここで適当にリンクはることがあるけど
リストを作るのが大変

tablinksはいいぞ

以下とか見て。

【Mac】 Safari でリンクを作成する - TabLinks : Mac・iPhone・iPad を使い倒したい

mac os sierraで使えなかったんだけど3.0で復活したぽい

アップル公式からダウンロードできるかは不明

以下からダウンロードできるよ

TabLinks - BrettTerpstra.com

markdown hereとかも使ってブログ書いてるので、そちらも要チェキ、MD使いなら、ってことだけど。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

ソフトウェア工学リンク集移転しました。

もともと使っていたサーバーは個人だったってことで、頻繁にサイトが消えたりします。
リンク集は大丈夫だったんですけどこの度例に漏れず飛びました。
管理人様には連絡とれなさそうなので回復の方法はないのでサイト移転を決意しました。
まあ、でも今までありがとうございます。

移転先はこちら。はてなブックマークもリンク先がおかしくなったので痛手。ご迷惑おかけします。
趣味で作っているリンク集とはいえ、これは痛かった。今後は一応業者がやっているサーバーにします。
広告なしなので素晴らしい。

移転先

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

今日のきになる記事

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

日本のソフトウェア開発者の給料っておそらく平均は低そうだな

米国の技術者の年収、2015年は約3.9%増 - Computerworldニュース:Computerworld
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481542/101400284/

平均13万ドルの給料ってのはソフトウェア開発者の給料の平均じゃなくて
システム制御の分野らしい。

この調査では、エンジニアの専門分野を9つに区分している。そのうち、2015年に年収の伸び率が最も高かったのは「システム&制御」という区分だ。この中には、ロボティクスとオートメーション、制御システム、産業エレクトロニクス、サイバネティクスといった専門分野が含まれる。この区分は、2015年の年収中央値が13万ドル、前年比で8.7%増だった。

とはいえアメリカのほうが日本よりソフトウェア開発者の給料は高いイメージがある。
日本は技術のない人までプログラマやソフトウェア開発者にして玉石混交とし怪しい業界になりプロフェッショナル性を認められない分野になったぐちゃぐちゃな状況なのかもしれない。

ところでリンク集に
最近の深夜残業とかの愚痴、、じゃなくて、考察を書くような裏書き
実践的なソフトウェア工学に向けて
というサイトを書いているのでよかったら
読んでみてください。

公開できるサイトじゃなくて裏紙的なものだけどね。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

小話題: システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓の TOSHI!!さんのレビュー

Amazon.co.jp: システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓の TOSHI!!さんのレビュー
http://amzn.to/2dFPGsO

花粉症だろうか。

春に続き秋もだと本当に効率がわるい。
効率がわるければ休めばいいという正論も通じぬまじめな会社。

ところでタイトルの内容。

真の原因は、統合するシステムそのものの設計書・仕様書レベルで、負け組(=新システム開発に乗れな
かったカイシャ)が、意図的なイヤガラセで、「現状」の仕様や設計を開示しなかったことにあります。
システムというのは、使えば必ず手直し(所謂、バグだけでなく、法律改正に対応する修正もあります)が
多々発生します。都度、「その場しのぎのパッチ当て」から「キチンと予算を組んだ修正対応」まで。

設計書や仕様書は非常に大事です。

ソースコードを読まないと検討できないと非常に時間がかかります。

私も最近コードを読む必要があるが時間が不足で非常に辛い感じなのです。

設計もソースコードもよく理解した人でないとまず理解からはじまって正しく修正するのは非常に工数がかかる。そんなことを感じている非常に辛い日々です。

もちろんそういった理想的な状況ばかりでないというのは理解できます。よく知らないソースコードを修正するのは非常に時間がかかるという事実は忘れがちですがよく認識しておくべきです。

短時間で検討不足でも動くコードを作ることはできるでしょう。でもそのデータはどうやって使われますか?みたいなところを理解するのはきっと時間がかかるはずでひとまず動くコードを作るというのとはレベルが異なります。

ソフトウェア工学の言葉でいえば影響範囲分析とかソフトウェア理解、ソースコード理解という名前の課題でしょうがこれは見積もりの問題とあいまって以前重大な課題であることに変わりはないように思います。

愚痴も混じっててスマソ。

続きを読む
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

みずほ銀行の次期システムのソフト開発が大変そうなので預金を移した話

あくまで個人的な感想と経験です。

みずほ銀行のソフト開発が大変そうです。

ソフト開発の状況は営業秘密にあたると思います。本来なら外に出ないはずの開発状況が漏れています。

みずほ銀行次期システム関連のまとめ(追記あり) - Akio’s Log

にまとめらています。まとめと言うには長い記事になっています。

ソフト開発が大変なので若干心配に思いました。
そこで預金がみずほ銀行に少し集中して預けてあったので他銀行に分配しました。

ソフト開発の状況からそのシステムの信頼性を気にするのは考えすぎと思います。
しかし、なんだか気持ち悪い。
ソフト開発の状況からその会社に対する印象を決めるのはきっと考えすぎですね。
しかし、なんだか気持ち悪いんです。腸の左のほうがむず痒い。

まあ、こんなことがなくてもペイオフの範囲で分散して預金するのがよいのは元々の話です。
預金を分散するのは面倒くさいですね。本当に。こんなことに人生を使いたくない。
でも仕方ない。いろんな人の都合がありますからがんばりましょう。

将来的にはソフトの出来不出来がその会社の業績に大きく影響する傾向が強まると思います。
既に?もっとね。

だからソフトウェア工学的な観点でその会社を評価するという風潮も未来には一般的になるかもしれません。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

みずほ銀行の次期システムのデスマーチな噂にインスパイアされて、リンク集を更新した。

このへんの記事みて、7時外注とかひどいなあとか思い(7時じゃなく、7次だった。7時には帰れぬだろう)、
リンク集を更新しみました。興味あれば、リンク集から逝ってください。

【悲報】みずほ銀行の次期システム、デスマプロジェクトが破綻か。完成のメドなく4000億円がパー : IT速報

【悲報】みずほのデスマ現場、ガチで監獄並だった。末端は7次受けで時給900円 : IT速報

国内某銀行が勘定系システム再構築の全体プロジェクトマネージャーを130万円で募集中!必須スキルはタフなメンタル : IT速報

外注の多重化は、管理コストが高いし、伝言ゲームは難しいし、いい加減なソフトしかできないという印象です。
中抜きで、コストがかさむ。

魂のこもったソフトは作れんだろう。

計画が締め切り決まっていて、見積もり皆無のうちも似ているから、他人のことは批判できないが、やりたくないな、いい加減なソフト開発。

それで生きているから仕方ないけど、志とのバランスは大事かな。

人生は夢だとすれば、いい加減なソフト開発は、その夢のなかですべきではない、と思うが、やはり、いきなり精密なソフト開発にはならんので、現状と志のバランスは必要だ。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

ソフトウェア工学のおける、ソフトウェア実装のおすすめ本についてリンク集に追加してみた

実装なんて言葉、一般的じゃないなと思った。

仕様を実装する。

なんだか甘美な言葉だ。

そして、リンク集なんて言葉。

90年代の言葉じゃないだろうか。

ここ数年、ソフトウェア工学について考えながら、ソフトウェア開発の仕事をしている。

ソフトウェア工学を実践できているのだろうか?

教科書にのっている技術達、たとえば、オブジェクト指向やデータベース正規化などは、習得が中途半端な気がする。

必要なときにひっぱりだして実践すればいい気もする。

ソフトウェア工学に関するリンク集を更新した。

主に、ソフトウェア実装、つまり、プログラミング工程についてだ。

『コードコンプリート』や『リーダブルコード』など。

実は読めていない本たち。ごめん。

読んでいなくても紹介してもいいよね?

興味深いが、手が出ていない。

ソフトウェア工学の分野は広い。まんべんなく、深く理解するのは難しい。

ぼくは、何を深めるだろう。それとも、いまのソフトウェア工学にない外の分野に移るのだろうか?
それとも、ソフトウェア工学に一つ、新しい歩みを刻むことができるだろうか。

P.S. リンク集は、本サイトのリンク集コーナーから行けます。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

趣味のプログラミングの品質レベルについて考えてみた

趣味でプログラムをする場合には、目標とする品質レベルを定めたほうがいいだろう。
使える時間も限られているから。

レベル1. 動けばいい
 自分でしか使わないプログラム向け。
レベル2. 直せる
 指摘があればバグを直す、あるいは、改善する体制ができている。プログラムを他人に発表するなら。
レベル3. バグが無いと想定
 基本的にはバグがないと自分で思い込めるレベル。お金をとることができるレベル。

たとえば、お金をとって、レベル1だときついな。レベル2ぐらいはほしい。

ではみなさん、enjoy hobby programming!

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

役立つソフト開発手法をまとめたい!自作のソフトウェア工学リンク集をメンテナンスした。

ぼくは移り気だが、リンク集はまあまあメンテナンスしながら、改良を続けている。かなり不定期だけど。

リンク集コーナーから、行ってみて。興味あれば。

数年前からのリンク集だが、見直すと、けっこう直したい。

他人の目になっているのだ。

リンク切れもある。

東大の玉井先生は、法政大学に移られていた。

時代の流れもある。東芝のソフトウェア技術センターは、組織改編により、なくなった。

ツール類は追加した。まだ不足感はある。

仕様記述等は書籍の紹介を追加した。

全体としてまとまりはまだない。読み物としての面白さも不足。美からは程遠い。

もちろん、個人がやっているものだ。バランスはわるいだろうが、もう少し、バランスをとりたい。基本的な書籍やリンクは揃えたい。

少なくとも自分の満足できる形にしたい。

はてなブックマークもいつの間にか30ぐらいついた。

誰かのために、役立っているといいのだが。。。

ソフトウエア工学について、考えてきたが、やはり基本的なソフト工学では不足だ。大規模組織の開発論に違和感がある面もある。

そういった一歩先の取り組みはソフトウェア工学と名乗らずに行われていることも多い。

常に、このリンク集は公開の形をとる。常に動作可能な形で。

アジャイルっぽく、ぼちぼち、進めていく。
posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

無理な工数の作業を断る方法とは?ソフト開発で、ぼくはできませんと言ったら、徹夜でやれって言われた

2つの作業が同時期なので、無理って言ったら、
「君がやるしかないよ、徹夜で書いて」
みたいな。

あほか、と思って、無理って反復したが、
それは意味がないことに気づき反省。

無理だけどやれって言っているので上司を即アホ判定すればよくて、
反論がよくない。
上司はやらせることがミッションだから。

無理だから無理も論理じゃない。
君しかいないってのも嘘だよ。
しかし、論理かどうか、真かどうかも、重要でない気がする。

こういった議論には利益がない。
議論は平行線だし
利益がぶつかっているのだ。

上司と議論すること自体無益

会社では論理じゃなく、別のもので生きていくのかな。
論理なんてなさそうだし。(絶
勉強不足やな人間関係とか。人間関係重視の会社っていやで、技術重視のがいいけど。

もうちょっと、仕様を明らかにしてから相談とか、
第3者も相談に入れるとか、
そういう言い方をすればよかったのだ。

そもそも会社でヒートアップすること自体を反省すべき。
もっと別の発想や、話法が必要なのだ。

最近、ヒートアップしすぎだな。
ヒートアップしてもいいことはない。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

大企業でソフト開発してても安泰じゃない。

職種を見ると、「IT製品の拡販」「機械設計職および電気技術職」「建築設備技術者」「研究開発職・生産技術職」など、事務系、技術系の具体的な職務内容が記載されている。
気になるのは給与だ。「20万〜42万円(経験、能力により優遇)」、「年収500万〜1000万円(経験・能力等により決定)」。これは幅がありすぎて、話を聞かないとよくわからない。大卒初任給が書かれた求人もある。

<東芝>リストラ退職者に他業種有名企業が送る熱視線 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

東芝はソフトウェア工学の優秀そうなラボを持っていたはずだ。今でもあるのかな。
そんなラボがあっても、業績悪化ではこうなってしまう。

鴻海精密工業創業者で会長の郭台銘氏は、「私は日本が好きです、シャープが好きです」と述べ、日本とのつながりを強調。「今日は、鴻海とシャープにとって重要な日である。シャープは引き続きイノベータであり、シャープの技術は高く、堺ディスプレイプロダクツでの共同作業では、不屈の精神を見せてくれた。」とシャープを評価。イノベーションとして、8Kディスプレイを挙げ、「66歳の私を若々しく見せてくれる」と述べて笑いを誘った。

鴻海とシャープが買収契約に調印。「シャープはグローバルカンパニー」 (Impress Watch) - Yahoo!ニュース

シャープは技術を提供するのだろうか。
スケールの大きなものに、不調なものは吸収されていく。そして、技術が提供され、大きなものの一部になるのだろうか。

ソフトウェア工学をやってきた人たちは成果を挙げてきただろうけど、こういったスケールの問題の前では、些細な問題に一見見えてしまう。果たしてどうだろうか。

大企業が、不調になり、外資に買収されたり、一部を売却したりする。
個人としては、待遇が悪化するのを心配する。おそらく、悪くなるのだろう。

一方、シャープ本社訪問時のホンハイ会長の以下のコメントが話題を集めています。
「40歳未満の従業員の雇用は守るから安心してほしい」
40代以上の再就職の厳しさを再認識した人が多いようですが、筆者は別の観点から本発言に衝撃を受けました。ある意味、この発言そのものがシャープをはじめとする大手電機の苦境の理由を端的に表しているからです。キャリアや人事制度について俯瞰的に考えるいい機会なので簡単に説明しておきましょう。

40歳以上はいらん!とトップに言われた時に読む話

個人ではどうにもならないことがある。
では、技術を磨くこと、経験を積むこと、実績を積むこと。

目の前のことをしっかりやっていく、当たり前のことしかできぬ。
それをやればいい。当たり前のことだね。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

最強のブログサービスはどこ?はてな、ライブドア、fc2。グーグルさんにきいてみた。

ここはSeesaa。弱小かな?
はてながSEO強いって聞くけど、本当?
もともとエクスポートできるから選んだSeesaaだが、他もそのぐらいできるだろう。

検索量をGoogleトレンドにきいてみた。


はてな上昇中。Seesaa弱小。

会社名では?


fc2多い。しかし、fc2動画とかの影響かな、参考にならないか。。

てことで、はてなに引っ越そうかな。

そもそもサービスに文句言う前に、うちのコンテンツが弱小。。。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

社内SNSが自分に有益であるための条件

社内SNSは芸能人のゴシップ記事と同じ

社内SNSをよく見てしまうんですが、有益でないなー、という感じがする。
書いてあるのは、業務日記や、業務日記風の愚痴だったり。

それを読むのは、芸能人のゴシップを見る気持ちと似ている。

ほとんど読む必要がない。

でも、読んでしまう。芸能人のゴシップと同じ気持かもしれない。ゴシップはなぜ読んでしまうのだろう?

社内SNSを読む心理

おそらく、自分の位置を確認したいからだろう。周りの仕事内容を見る。自分は遅れている、あるいは、進んでいるか、確認する。

優越感を無意識に持っているかもしれない。

あるいは、他人の考えていることを知りたい、という好奇心。

社内SNSが自分に有益であるための条件

自分に人生の目標があったとして、達成を助けるなら有益だ。
これが社内SNSが自分に有益である条件だろう。

もし、そう言えないなら、無益な記事を読んでいるか、人生の目標がない、あるいは、人生の目標を忘れている。
そう言えるかもしれない。

なんだか社内SNSを読むのも疲れたので、ブックマークを削除して、この記事を書いてみました。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

多品種組込みソフトウェア開発のアンチパターン「エキスパートが足りない」

現象

多かれ少なかれソフトウェア部位のエキスパートがいるものです。その部位のことなら、その人に聞け、という人です。

組込み装置の開発の黎明期はA機種、B機種という風に順に開発していきます。そのなかで、エキスパートが生まれる。エキスパートは順に機種を渡り歩いて、開発していきます。この頃は、新製品を出せば儲かる(売上、利益が増える)、ということから、意気揚々です。

問題は、複数機種を並行で開発するときです。あまり大きくない会社なら、エキスパートは各部位にそれぞれ1人しかいないでしょう。だから、複数機種並行で開発すると、エキスパート不在の機種、部位が発生します。

ノウハウがエキスパートに閉じていて、他の誰も知らないと、エキスパート不在の機種、部位は、開発が進みません。お金がたくさんあっても、仕様策定や設計ができなければ、ソフト外注を使うことができません。仮に旧機種の設計書と、開発機種の仕様書でソフト外注できたとしても、ソフトをレビュー、チェックできるエキスパートが不在なら、出来上がるソフトウェアの品質は低いでしょう。

対策

おそらく、人材配置、人材育成。
あるいは、複数製品の計画あたりが課題になるでしょう。
どれも長期的な対策です。

長期的な展望が持てないのは、人事異動のサイクルが速いことも一因と思われます。職能ではなく、ジェネラリストを重視するため、多くの職場を経験させようとする人事異動でしょうか。
さらに、ソフトウェア部品は、誰でも理解できるべきであり、引き継ぎができるべきである、という非属人性神話があることが一因かもしれません。

あるいは、人間の欲か。なぜ無理な開発を進めてしまうのか。あるいは、なぜ無理だとわからないのか。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

alphaGoがイ・セドルさんに3連勝とのことです

今までの囲碁はなんだったのか?

プロの人でも、alphaGoの手の意味を理解できないことがあるらしい。
全然違う考え方をしているらしい。
それで負けるのだから、人間の考え方が方式的に間違っていた、かつ、今までの解説書はゴミだ。
というのは、間違いで、人間は今までの考え方でするしかなかった。
定石とか、論理。使うしかなかった。

人間は囲碁をする必要がない

コンピュータが強いから、人間は囲碁をするな。
とはならなくて、趣味ですればいい。
でも、コンピュータのほうが強い、ということは忘れない。
趣味になるのかな。

プログラマは楽しい

実際に、アイディアを実現し、コンピュータを使ったalphaGoが勝利した。
囲碁のうまいやり方なら、コンピュータとDeep learingの組み合わせが現状で、最強。
ということなのだ。

より上手いやり方を考え、実現することができる。
プログラマは楽しいよね。

そのほか

以上の話は将棋とかでも同等だと思うけど、囲碁のほうがチャレンジングなんだろうか?
戦略を考えるときには、コンピュータのほうがいいのだろうか?

早くソフト開発も人工知能にやってほしいな。
どこをやるってのは研究課題だと思う。

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

Microsoftは弱体化しているのか?

仕事がらMicrosoft関係を調査したりする。

Microsoftの散漫な印象

最近のMicrosoftは散漫な感じがする。

マイクロソフトはすでに、EclipseからMicrosoft Azureに対してJavaアプリケーションの開発、テスト、デプロイなどを実行する機能を備えた「Azure Toolkit for Eclipse」や「Java SDK for Azure」などのEclipse用ソフトウェアを提供しています。

今回、これに加えてEclipseのプラグインとしてTeam Foundation Serverへアクセスできる「Team Explorer Everywhere」のオープンソース化が発表されました。

[速報]マイクロソフト、Eclipse Foundationに参加発表。Eclipseに対応したツールやサービス強化へ − Publickey

今日の発表は、Microsoftの総合的ハイブリッド戦略とも一致している。既にMicrosoftは自社クラウドでLinuxを動かしており、最近Red Hatとの本格的提携を発表した。SQL Serverの存在価値を維持するためには、より多くのプラットフォームで提供する必要がある ― かつてライバルとされていたものを含めて。Linuxでは、MySQL、MariaDB、PostgreSQL等の製品が、同じような市場での位置を狙ってしのぎを削っている。

Microsoft、SQL ServerのLinux版を提供 | TechCrunch Japan

いろいろやってる。

でも、Linuxで、SQL Serverをわざわざ採用するのかな?

と思う。

しかし、有効なソリューションという感じがしない。

SQL Serverの存在価値を維持するためには、より多くのプラットフォームで提供する必要がある

多くのプラットフォームに提供したら、存在価値が維持できるのか?
多くのプットフォームで採用されたら、存在価値が維持できるかもしれないけど。

なんだか、ときめかない。もうMSの旬は過ぎたのか?
選択と集中ができていない気がするのだろうか?

ニュースを見たりすると、やることが多くて、こちらは疲れる。
そして、自分にとってキラーアプリを感じない。

MSがいろいろトライするのは当然だけど

OSのシェアでは、iOS、アンドロイドに、スマホの世界では負けた。
いずれ、デスクトップへもその影響は波及するかもしれない。たぶん、誰かがデスクトップOSに破壊的なイノベーションを起こすかもしれない。
だから、デスクトップOSもこれから安泰じゃない。

何かいい方法が必要だ!

だから、いろいろやる。

Continuumとか面白い。マルチウインドウができるようになれば、魅力的だ。しかし、できない。あと一歩だよ、MS。

Windows 10 MobileのContinuum for Phoneとは? - スマホがPCになる!

選択と集中がMSに必要だ

いろいろやるのはいいけど、方向性がいまいち見えない。
そういう散漫な状態の会社にはなんだか魅力を感じない。

いったいMSはどこへ行こうとしているのか?

もっとシンプルさが必要かもしれない。
WindowsやVisual Studioの更新情報を見ても、マニアックに高度化しすぎていて、わからない。
大きい会社を維持するのは大変なことだ。複雑になりすぎただろうか?

Windowsには今まで、大変お世話になったなあ。
いまはMacとLinuxマシンしか持っていないけど。

Windowsでゲームがしたいんだが、いまいちゲーム専用にWindows買うのも躊躇する。

まさかMinecraftがキラーアプリになる、とかあるんだろうかwww

【Windows 10 検証】「Minecraft」 誰もが楽しめるものづくりゲーム!

posted by ソフトウェア工学なんて忘れて at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする